優良アプリと粗悪品と

Macbook Proを購入しておおよそ1ヶ月。
悩みのタネといえば文字入力中、手首が
縁に当たって痛いことです。
霜村ぺぺです。

ふとした時に、いいアプリ悪いアプリって
一体なんだろなと思うことが最近よくあります。
この頃は有料アプリを隠す勢いで広告しか出さない
アプリがとてつもなく多いですが、広告だらけの
無料アプリで果たして良いアプリってなんだろうか。
と考えているとすぐに結論が出るんですね。
「人から人へ伝わったアプリ」か
「広告でしか見かけないアプリ」ということです。
広告でしか見かけないということはつまり
そういうことですからね。
なので「〇〇へ〇〇することができない」とか
いう広告とか「放置」とかいう広告のアプリは
軒並みクソということです。

限界しりとりmobileというアプリにハマっていました。
元々しりとりが好きなんですね。たまにしりとりアプリを
探してしまうほどです。ただレーティングがあるんですけど
Sの上位レートS+0から上に全く上がらないんですね。
ルールが特殊で、頭の文字と文字数が制限されているので
これまたゲーム性が変わって言葉を探すのが非常に大変。
このゲーム性だったらトランプでも用意して実際にやりたい。
元ネタとなるチャンネルでされていたみたいですけど。

ところで、ハマっていましたと過去形になっていたのは
このアプリがしりとりとして最低だったからです。
具体的に列挙すると
 ・胡散臭いがダメ
 ・ズームアウトがダメでズームアップがOK
 ・「るる」「るるる」「るるるるる」の存在
最後なんだよ。るるは良いよ、あとの二つ何さ。
名詞でも形容詞でもなんでもねぇだろこれ。
あと攻略サイトで「しりとり用単語一覧サイト」を
開いておくとか、あらかじめひらがなを単語登録しておくとか
もはやしりとりでもなんでもないよこれ。
ということで限界しりとりmobileは引退。

愚痴っぽくなったけどたまには良いよね。
おやすみなさい。